40代の転職はエージェントの力を借りるべし。登録~面談までの実録!目指すは事務職正社員。

転職エージェント会社に登録する

 

 

40代で転職するには転職エージェントへの登録が欠かせません。

なぜなら、年齢に見合った転職先を確実に選ぶため!

 

  • 40代を欲しがっている企業
  • 40代でもいいよと言ってくれている企業

 

それは転職サイトを見るだけでは判断しにくいんです。

別記事で転職サイトで年齢制限を見分けるポイントを書きましたが、確実な方法ではありません。

できたら、年齢制限のない確実なところに応募したい。

 

最終手段は、企業に直接確認することですが、企業側もそれなりの理由があって年齢について触れていないのですから、そこはきちんとした回答が来るかどうかは微妙です。

 

 

 40代でもOKと言っていくれる企業を確実に探すために

40代でもOKと言っていくれる企業を確実に探すためには「転職エージェント」の力を借りるのが一番です。

 

転職エージェントって、企業に転職者を採用してもらうことで収入を得るのがお仕事なんです。

 

欲しい年代もしっかり企業から聞いているはず。

ですから20代が欲しい企業に40代を紹介するなんてことありません。

そんなことしたら逆に転職エージェントが企業から信頼をなくしてしまいます。

 

逆にいえば、ワタシみたいな45歳のおばさんに、20代向けの仕事を紹介するなんて無茶苦茶なことはしないということ。

 

そして転職エージェントは無料で仕事を紹介してくれます!

これはお願いしない手はないですよね。

 

 

 

いざ転職エージェントに登録!

という訳で、登録した転職エージェント。

まず最初に選んだのは リクルートエージェント。

選んだ理由は、大手だから。

 

 

だってー!

初めてだからどうやって選べばいいのかわかりません。

 

「転職エージェントの選び方」的なサイトをいくつか覗きましたけど、結局どこがいいの?って感じだし。

迷っている時間がもったいないので最大手にしたというワケです。

 

なーんにも考えず、転職エージェントに登録するとどんな風に転職が進むのかろくに確認せず、転職エージェントサイトに登録した私。

 

登録自体はリクナビのデータをそのまま流用できるようになっていたので登録はサクサクっとできました。

 

 

f:id:unanami:20180521201410j:plain

 

 

転職サイトに登録したら・・・

転職エージェントのサイトに登録を終え、いつ自分に合う情報が送られてくるのかな?と思っていたら・・

翌日電話が来た!!

 

仕事中で電話には出られませんでしたが、電話が来るとは思っておらずびっくり!!

電話か!考えもしなかったぞ!

(後から調べたら当たり前らしいの事らしい)

 

リクナビネクストなどの一般転職サイトとはわけが違うではないか!!

そしてその後「電話しました件」として、エージェント側から面談案内のメールが来ました。

 

メールの内容は面談をしたいから日程を調整してくれって感じ。

そうなの?

転職エージェントってそんなすぐに面談なの?

と多少気が動転し、メール放置(←だめな社会人)。

 

・・・そしたら・・・

 

翌日また電話が!!

またまた勤務中で出れませんでしたが、自分で登録しておいて放置はあまりに失礼だなと思い、頂いたメールにしたがって面談の申し込みをしました。

 

電話面談っていうのも選べたらしいのですが、せっかくなら直接お会いしていろいろお伺いしたいではないですか!

(動転した気持ちは落ち着き、急に合う気満々になった(笑))

 

10日後に面談をしてもらうことにしました。

 

 

 

 

WEB履歴書を完成させろとか、職務経歴書を仕上げろとか、写真も送れとか・・(言い方汗)

そうそう、面談日の日までに

  • キャリアシートの入力
  • 職務経歴書の送付
  • 写真の送付

を完成させなければなりません。

 

事前に職務経歴書を提出しておくと、面談当日までにエージェントさんがチェックしてくれるらしい。

なんてありがたい。

 

転職サイト登録時に大体のところは完成させていましたが、なるべくご迷惑をかけないように、さらに推敲重ねて仕上げます。

絶対転職したい45歳。必死です。

 

 

履歴書用顔写真

40代にもなると、証明写真撮影なんてある意味苦行です。

 

何歳になってもきれいに映りたいし。

できるなら30代に見せたい(無理か(-_-;))

老けた45歳の顔写真より、30代に見える顔写真の方が良いに決まってる!

写真ってその位の力がありますよね!

 

今は証明写真がとれるアプリもたくさんあります。

ま、良く撮りたいなら専門家に撮ってもらうのが一番良いですかね。

 

私はとりあえず自撮りしてみて、うまく撮れなかったら、近所の写真館に撮影してもらってデータをもらおうと思っていたのですが、意外に良く撮れたので自撮り写真を使用することに。

自撮りした写真は、photoshopで証明書用サイズにカットしました。

背景は白抜きで。

 

いろいろと顔に修正を加えたい衝動をぐっと我慢して、

顔色を明るくするくらいにとどめました・・。

 

面接する時に「あれ?写真と違う」という状況は避けたいです・・。

シミとかしわとか隠したいものたくさんあったんですけどね(笑)

 

自分で加工されるかた、修正はほどほどに~。

 

 

 

いざ面談へ!

面談の様子

さて、面談に様子をまとめておきます。

当日面談くださったのは、私と同世代と思われる女性の方。

実は、若い男性とかだったら話しにくいなーとか思っていたので、これは本当に嬉しかった。

リラックスして面談を進めることができました。

 

面談の内容

面談では

  • 転職エージェントの利用の仕方
  • これまでの職歴
  • 転職したい理由
  • 転職して実現したいこと

について話をしました。

職歴や、自己PRについて掘り下げた話もしました。

私の強みを一緒に探してくれる感じです。

 

 

 

褒めてくれるから嬉しくなる

面談の際、私の職歴を確認しながらその内容について質問をしてくるのですが。

折々に触れ、私の経験を「素晴らしいですね」って褒めてくれるんですよねー!

40代にもなると、そういう褒められ方ってすることって減ってきませんか?

 

つい「私いけるんじゃないか?」という気分にさせるところが素晴らしいなと思いました。

 

私は転職エージェントからみたら「商品」です。

だから大事にしてくれるわけですね。

 

私が一番参考になったこと

私が今回の面談で、気づかされたのは、今後の仕事人生について。

 

私は、これまで

「今の会社をやめたい」だから転職したい。

という考えが1番で、

「転職時になにを実現したいか」を考えたことがなかったので

面談の時に「どういうところに転職したいですか?」と聞かれた時に、ちょっと迷いました。

 

だって、40台で事務職への転職。

雇ってもらえるだけでありがたい。って思っていたので。

 

選ぶ権利あるのかしらと。

 

でも、図々しくも希望は伝えましたよ。

希望年収とか、会社の雰囲気とか会社規模とか。

なるべくなら自分の希望に勤めたいですからね。

 

私も今回は最後の転職という気持ちで、仕事先を探しているわけです。

もし定年まで勤めたら15年お世話になる職場です。

 

だからこそ「転職」することよりも、「どこに勤めるか」ということが大事だと改めて気づかされました。

 

面談時に確認したかったこと

私が面談で聞きたかったのは

「45歳でもちゃんとしたところに転職できるの?」ってこと。

 

・・・聞いてみましたけど、何となく話をはぐらかされたような気がしないでもない。

ま、先方としては答えにくいですよね。

 

「45歳でも転職されている方は大勢いらっしゃいますよ」みたいな答えはもらえなかったので、やはり、年齢的に転職できるかどうかは微妙なんだなーととらえました。

 

 

 

仕事、紹介してもらえるかどうか、連絡を待つ。

面談の最後に、面談内容を踏まえ、私に合った仕事を紹介できると思う。

1~2営業日後に連絡するから、なるべくすべてに、速やかに応募してみてくれというような話がありました。

自分にも合わないと思っても、面談まで進んで話をすると興味が持てたということもよくある話なのだそうです。

とにかく応募しなければ始まりませんしね。

どんな求人が送られてくるのか興味津々です。

 

面談を終えて

自分の仕事を探してくれる転職エージェント。

面談では、「転職への本気度」を試されたような気がします。

 

自分がどんなに転職したいのか、どういうところに勤めたいのか、明確なビジョンがないと転職エージェント側も仕事を紹介しようがないし、「なんとなく転職したい」という相手に、真剣に向き合ってくれるとも思えません。

 

面談は、自分のキャリアを確認しつつ、自分の本気度をアピールする場でもある。

それを身をもって感じました。

 

さすがに私もとんとん拍子で転職が決まるとは思っていないので、他のエージェント会社にも平行して登録するつもりです。

なので、次回は、この点を頭にいれながら面談に臨もうと思います。