40代の転職はエージェントの力を借りるべし(2)なのに面談すらしてもらえない。

 今回は、40代の事務職へ転職希望で転職エージェントに申し込んだ結果はどうだったのか?

実際に申し込んだ結果を紹介します。

 

転職エージェントに申し込む

前回、リクルートエージェントに登録し面談を終えた記事を書きました。

リクルートエージェントに登録、スイスイっと面談まで進めた私はより多くの求人を紹介してもらうため複数のエージェントに登録してみることにしました。

 

私が登録を試みたエージェントは合計で3つ。

 

  • DODAエージェントサービス
  • @Type転職エージェント
  • ワークポート

 

結果 全滅でした

上記3サイトはすべて面談すらしてもらえませんでした。

面談に至らない理由の共通点は「紹介できる求人がありません」ということ。

 

 

 

1件も?

1件もないの?私に紹介できる仕事。

それはやっぱり45歳のおばさんだから?(多分そう)

 

世の中の厳しさが身に沁みますね。

 

 

面談もしてもらえないとは、紹介する案件が1つもないとは、なんていうか、切り捨てられた感が強くて落ち込みました。

面談でこちらの良さをアピールする機会ももらえないのかと悲しくなります。

 

 

でもね、わかります。

40歳も超えれば事務職とは言え、お給料はソコソコ払わなければならないし。

私が採用側だとしても躊躇しますね。

 

ましてや転職エージェント様は、事務職希望の45歳なんてね、採用確率の低くて

効率悪いですもんね。

 

だから恨みません。自分の歳を恨みます。

 面談をしてもらえなかった3社、その後の対応について書いておきます。

 

 

DODAエージェントサービス

DODAについては、面談はしてもらえませんでしたが、自動紹介という形で、私の希望内容に近い求人をメールで機械的に送ってきてくれました。

実際にその求人に応募し、書類審査を通過したものもありましたので、DODAエージェントサービスから面談の連絡がないからといって悲観的になる必要はないと思います。

希望の求人があったら積極的に応募していきましょう!

 

 

 

Type転職エージェント

ここは、その後音沙汰なしです。

メールには

登録を継続して求人案内の連絡をお待ち頂ける場合、
お預かりしている情報と今後獲得する求人のマッチングを随時行わせて頂きます

とありましたし、せっかく登録したのでそのままにしておいたのですが1回も連絡もメールもありません。

 

ワークポート

ワークポートは、公式サイトから申し込んだときは

ご登録情報を確認させていただきましたが、
現時点では小嶋様にご紹介可能な求人がございませんでした。

という結果でその後は連絡もありませんでした。

 

ただ、同時期にリクナビ経由でワークポートから「当社に登録してください」みたいなスカウトメールが来たのです。

そちらから登録したら電話面談してもらえました。

公式サイトからは断られましたが、スカウトからならOKというね。

変なの。

 

 

 

40代は転職エージェントを頼りたくても頼れないことがあるのがわかりました。

 

今回、リクルートエージェント、DODA、@type転職エージェント、ワークポートの4つの転職エージェントさんに真正面から申し込みをして、受け入れてもらえたのは、リクルートエージェントさんのみという結果でした。

 

改めて転職に対して年齢の壁を高く感じる結果でした。

ま、実際に求人は少ないのでしょうからある意味仕方ないかもしれません。

 

 

40代が転職エージェントを利用するにはどうしたらよいのか?

 

 これは、私が経験を踏まえてのことなのですが、40代で転職エージェントを使いたいなら、まずは転職サイトにきちんとした情報を登録するということです。

 

きちんとした情報というのは

  • 履歴書
  • 職歴

など、登録できる情報は、すべて詳しく登録するということ。

 

転職エージェントは

  • リクナビnext
  • DODA
  • en

など大手転職サイトを定期的にチェックしていて、案件に適した人にスカウトを出してきます。

 

 

40代事務職希望の私にも時々転職エージェントよりスカウトがきます。

(若い子はもっとたくさん来るんでしょうね(笑))

 

そのスカウトは必ず自分の希望に合致するとは限りませんが、少なくとも登録するチャンスをもらえ、職務経歴書に目を通してもらえる機会を得ることができます。

少なくともエージェントは自分からスカウトしてきているわけですから無下に断ってこないはず。

 

そのためにも転職サイトには軽い気持ちで登録するのではなく、この登録情報が自分の将来を左右するんだというぐらいの強い気持ちで、しっかりと作りこんだ情報を登録してください。

 

オススメはミドルの転職

ミドルの転職はenがミドル向けに公開している転職サイト。

ここに上げられている情報は35歳以上のミドル世代向けなのです。

そして、ミドルの転職で紹介されている求人は、すべて転職エージェントが紹介している案件なのです。

 

そしてサイトをよく見ていると、ミドルの転職には中小転職エージェントが多く求人を紹介しています。

 

ですから、

ミドルの転職経由で申し込みをする=転職エージェントへ連絡ができる。

ということです。

 

もちろん、事前の書類審査で落とされてしまうこともあると思いますが、私はミドルの転職経由で2件応募致して、2件とも面談してもらうことができました。

 

しかし、ミドルの転職は事務系の求人がとても少ない。

事務職にミドル世代が求められていないことを表していると思いますし、40代で事務職を目指す厳しさを感じます。

 

いずれにせよ、転職エージェントへの登録を通して40代の正社員事務職への転職の厳しさを感じるきっかけになりました。

そして、この難関を潜り抜けるには、チャンスは絶対逃さない!という強い気持ちで転職に取り込むメンタルが必須だと感じました。